柳 弘之-ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長

ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長の柳 弘之さんの経歴です。
柳 弘之さんは1978年東京大学工学部卒業、ヤマハ発動機入社。2000年森町工場長兼早出工場長。2003年MBK(仏)社長。2004年YMI社長。2007年執行役員、2009年上席執行役員生産本部長、2010年より代表取締役社長を務めています。高校時代に、鹿児島港に2代目の南極観測船「ふじ」が寄港したので、友人と見学したところ、船上の自衛官が「よくきたね」と言って、甲板などの公開ルート以外に、エンジンルーム、乗組員の食堂や部屋も見せてもらいました。船の壮大な印象が強く残り、東大理科I類へ進み、船舶工学科で船の設計を学ぶ契機にもなったそうです。子供の頃から運動が好きで、中学時代からバスケット部。主将も務めました。趣味はスポーツ観戦のほか、スノーモービルを自ら操縦します。

―基礎情報―
名前 : 柳 弘之(やなぎ ひろゆき)
生年月日 : 1954年11月20日
出身地 : 鹿児島県
卒業高校 : ラ・サール高等学校
卒業大学 : 東京大学
現在の役職 : ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長

―職歴―
1978年4月 ヤマハ発動機株式会社入社
2000年4月 同社MC事業部製造統括部早出工場長(兼)MC事業部製造統括部森町工場長
2003年4月 MBKIndustrie 取締役社長
2007年1月 ヤマハ発動機株式会社MC事業本部Sy S統括部長
2007年3月 同社執行役員
2009年3月 同社上席執行役員
2009年11月 同社MC事業本部MC統括部長
2010年3月 同社代表取締役社長(現)
2010年3月 同社社長執行役員(現)
2012年1月 同社MC事業本部長同社生産本部担当、PF車両ユニット担当
2015年3月 同社人事総務担当(現)

※同社の「取締役、監査役および執行役員」のHPや、プレジデント・オンラインの2015年9月27日付けの「米国進出で貫いた『特立而獨行』 -ヤマハ発動機社長 柳 弘之【1】 経営者たちの四十代」の記事などから作成しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ