佐々木 則夫 − 株式会社東芝取締役代表執行役社長(退任)

株式会社東芝取締役代表執行役社長(退任)の佐々木 則夫さんの経歴です。

―基礎情報―
名前 : 佐々木 則夫(ささき のりお)
生年月日 : 1941年6月1日
出身地 : 東京都
卒業高校 :
卒業大学 : 早稲田大学理工学部
修了大学院 :
現在の役職 : 株式会社東芝取締役代表執行役社長(退任)

―職歴―
1972年4月 株式会社東京芝浦電気(現・株式会社東芝)入社
1995年4月 磯子エンジニアリングセンター原子力運転プラント設計部長
1998年4月 原子力事業部原子力運転プラント技術部長
1999年4月 磯子エンジニアリングセンター原子力機器設計部長
2000年4月 原子力事業部原子力技術部長
2001年4月 原子力技師長
2003年4月 原子力事業部長
2005年6月 執行役常務(電力・社会システム社副社長、原子力事業部長)
2006年4月 執行役常務(電力システム社社長)
2007年6月 執行役専務(社会インフラ事業グループ分担)
2008年6月 取締役 代表執行役副社長(社長補佐、社会インフラ事業グループ分担、イノベーション推進本部長、輸出管理グループ担当)
2009年6月 取締役代表執行役社長
2013年6月 副会長
2015年7月 退任

※同社の2009年3月18日付けの「執行役社長選定案の決定について」のHPや、PRESIDENT Onlineの2013年11月12日付け「6兆円事業を動かす『ぶれない思考』のつくり方 -東芝副会長 佐々木則夫氏」の記事、およびロイター通信の 2015年7月21日付けの「東芝、田中久雄社長ら歴代3社長が21日付で辞任」の記事などから作成しております。

                   イノベーション推進本部長、輸出管理グループ担当)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ