酒巻 久-キヤノン電子株式会社 代表取締役社長

キヤノン電子株式会社 代表取締役社長の酒巻 久さんの経歴です。
酒巻 久さんは精密機器大手のキヤノンで研究開発に従事し、特許は600件にも上ります。キヤノン電子社長に就任後、経営改革でキヤノン電子の利益を5年で10倍にした経営者。主な著書に「企業情報漏洩防止マニュアル―伸びる企業のリスクマネジメント」(アスキー・共著)、「椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!」(祥伝社)、共著「最新 情報漏洩防止マニュアル―日本版SOX法、個人情報保護法、e‐文書法施行で求められるコンプライアンス 」(アスキー・共著)、「キヤノン方式のセル生産で意識が変わる会社が変わる 」(日本能率協会マネジメントセンター)、「キヤノンの仕事術―「執念」が人と仕事を動かす 」(祥伝社)などがあります。

―基礎情報―
名前 : 酒巻 久(さかまき ひさし)
生年月日 : 1940年3月6日
出身地 : 栃木県
卒業高校 : 栃木県立佐野高等学校
卒業大学 : 芝浦工業大学
現在の役職 : キヤノン電子株式会社 代表取締役社長

―職歴―
1967年1月 キヤノン株式会社入社
1987年1月 同社システム事業部長
1989年1月 同社システム事業本部長兼ソフトウェア事業推進本部長
1989年3月 同社取締役
1990年1月 同社ソフトウェア戦略本部長兼ソフト事業推進本部長
1991年2月 同社総合企画担当
1992年5月 同社生産担当兼環境保証担当兼生産本部長
1996年3月 同社常務取締役
1996年3月 キヤノン電子株式会社 監査役
1999年3月 同社代表取締役社長(現在)

※撰壇塾開講100回記念特別企画シリーズ「人と仕事を動かす経営~高収益を実現させる組織変革と経営改革~」のHPなどから作成しております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ