加藤 貴之-株式会社Noblesse Oblige 代表鳥締役ダチョウ

株式会社Noblesse Oblige 代表鳥締役ダチョウの加藤 貴之さんの経歴です。
「ダチョウ肉普及により、食糧問題の未来を切り開く」と、ダチョウの肉・皮・羽根などを取り扱うQueen’s Ostrichを展開なさっています。

Noblesse Obligeとは 「持てる者は義務を有する」という意味。「貴族が支配階級だった時代から遠くなるにつれ、この言葉の解釈は変わってきているように思いますが、『自分にできることが誰かの役に立てるのであれば、それを果たすことが社会的な義務である』という解釈で受け止めています」との信念をお持ちです。

―基礎情報―
名前 : 加藤 貴之(かとう たかゆき)
生年月日 : 1987年1月16日
出身地 : 茨城県
卒業高校 : 茨城県立下館第一高等学校
卒業大学 : 上智大学文学部史学科
現在の役職 : 株式会社Noblesse Oblige 代表鳥締役ダチョウ

―職歴―
2009年 広告会社入社
2010年 株式会社PTV創立に関わる
2012年 株式会社Noblesse Oblige創立

ご本人の回答や、TRAPROの2015年12月10日付けの 「オルタナフードとしてのダチョウの可能性」の記事などから作成しております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ