井上 亮-オリックス株式会社 代表執行役

オリックス株式会社 代表執行役に就任されている井上 亮さんの経歴です。
オリックスの社長である井上氏は、モンゴルで遊牧民の差し出す酒を飲み、韓国で「爆弾酒」を飲んだりして、腹を割って話し合い、「人間力」で数多くの案件を海外でまとめてきたそうです。

―基礎情報―
名前 : 井上 亮(いのうえ まこと)
生年月日 : 1952年10月2日
出身地 : 東京都
卒業大学 : 中央大学法学部
現在の役職 : オリックス株式会社 代表執行役

―職歴―
1975年4月 オリックス株式会社入社
2003年1月 投資銀行本部副本部長
2005年2月 オリックス株式会社執行役就任
2006年1月 オリックス株式会社常務執行役就任
2009年6月 オリックス株式会社専務執行役就任
2010年6月 オリックス株式会社取締役兼執行役副社長就任
2010年10月 投資銀行本部総括
2011年1月 オリックス株式会社取締役兼代表執行役社長就任(現任)グループCOO
2014年1月 グループCo-CEO
2014年6月 グループCEO(現任)

EDINETの有価証券報告書や、月刊BOSS×WizBizの2014年7月号「井上 亮 オリックス社長兼Co-CEO(次期CEO) 多様な事業は将来も進化。キーワードの1つは『再生』」の記事や、日経ビジネス2012年6月5日付けの「可能性は現場にある、だから自ら乗り込む オリックスの井上亮社長に聞く」の記事やSAKURA FINANCIAL NEWSの2010年12月14日付け「オリックス:社長交代、井上 亮副社長が社長に昇格、1/1付」の記事などを参考に作成しております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ