クリストフ・ウェバー − 武田薬品工業株式会社代表取締役社長CEO  

武田薬品工業株式会社 代表取締役に就任されているクリストフ・ウェバーさんの経歴です。
クリストフ・ウェバーさんはイギリスの大手製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」に入社後、GSKフランス会長兼CEO、GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括、GSKワクチン社長などを経て武田薬品工業に入社。同社で社長として現在に至ります。
そして、武田薬品といえばC1000タケダ、プラッシー(Plussy)ですよね。

―基礎情報―
名前 : クリストフ ウェバー(くりすとふ うぇばー)
生年月日 : 1966年11月14日
出身地 : フランス
卒業高校 :
卒業大学 : フランスリヨン第1大学
現在の役職 : 武田薬品工業株式会社 代表取締役

―職歴―
2003年7月グラクソ・スミスクラインフランス社 会長兼CEO
2008年5月グラクソ・スミスクライン社アジア太平洋地域担当上級副社長兼ディレクター
2011年1月グラクソ・スミスクラインワクチン社 次期社長兼ゼネラルマネジャー
2012年4月グラクソ・スミスクラインワクチン社 社長兼ゼネラルマネジャー
2012年4月グラクソ・スミスクラインバイオロジカルズ社 CEO
2012年4月グラクソ・スミスクライン社 コーポレート エグゼクティブ チームメンバー
2014年4月武田薬品工業株式会社チーフ オペレーティング オフィサー
2014年4月武田薬品工業株式会社コーポレートオフィサー
2014年6月武田薬品工業株式会社代表取締役社長
2015年4月武田薬品工業株式会社代表取締役社長 CEO (現在に至る)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ